> FAIRY POWDER > プロに聞くここだけの話 > 久保谷健一 全英オープンを振り返って vol.1
プロに聞くここだけの話
 
 お客さまとより一層ゴルフの楽しさを共有させていただくために、新コーナー"プロに聞くここだけの話"を
開設致しました。当サイトならではの、ここでしか聞けないプロの話や、ゴルフを楽しむポイントなど、他では
知ることのできない情報をどんどん掲載していきたいと思います。
コーナー発足の記念すべきトップを飾るのは、先日の全英オープンで大活躍、日本中のゴルフファンを
熱くした久保谷健一プロです!
2009年8月4日、タイのバンコクにてミニキャンプを行っておられた際に、独占インタビューをさせて頂きました。
あれこれお話下さった内容を、4回にわたってお届けします。
(聞き手:弊社社長 水本)

SEPTEMBER 18 .2009 |全英オープンでの心境について・・・

第1回目は、皆さまがお聞きになりたいあの話、「全英オープンで、久保谷健一プロはどういう心境で
プレーされていたのか」をお届けします。
4日を日ごとに振り返り、現場の印象なども含めてお話いただきました。


「調子的にはベストの状態ではなかった。でも予選だけはどうしても通りたかった。」


久保谷健一 │ バンコク市内ホテルにて 久保谷健一 │ インタビュー
タイ バンコク市内ホテルにて

---まず初日からの気持ちを教えてください。

久保谷健一  初日からはやっぱりなんて言うのでしょう・・まぁ・・「ダメ元」ぐらいの感じですよね。
とりあえずやってみようという感じでやってみて、流れが掴めたらそれに沿って、逆らわずやってみようという
ぐらいの感じなんです。
でもまず予選だけはどうしても通りたかったんで、まずは2日間、4日間じゃなくて2日間全力でやるつもりで
スタートしました。腰痛明けで次の週にハワイで休養してたんですけど、調子的にはもうほんとにベストの
状態では無くって・・。
やっぱり、クラブを握っていない状態で、ゴルフをやってない状態で行ったもんですから、こうゴルフが
作れないんですよね・・ゴルフが作れなかったの・・。

---初日2位なのに?!(笑)

久保谷健一  作れなかったんですよ!だから前半、なんでもないボギーがポンポンと来て、
2オーバーになってしまって。
やっぱりこう「“ポンと来てポン”と(流れにのって)出来るような状態じゃないんだよな〜」と思ってやっていたら、
どっかで良いバーディーパットが決まったのかなぁ・・。それで流れも良くなってきたんですよ。
ボギーを打ってもバーディーが来たりして。
それでずっとパープレイぐらいで最後2ホールぐらいまで来たのかな。
そっからが・・・やっぱり凄かったですよね〜。

---来ましたね〜。4ホールで5アンダーでしょ!?バーディー、バーディー、イーグル、バーディー!

久保谷健一  あんな上がりは今までめったにないんですよね!
「めったに」というより「ない」んですよ!
こんな上がりは・・いままでちょっとなかったですよ!
あんなの大体上りにつれて打っちゃうタイプなのに・・・。
日本だって嬉しいのに、向こうでなんてね。

---ほんとに盛り上がった!日本の放送時間の関係で、初日は見てなかったんだけど、
2日目は実はN氏(共通の知人)から電話をもらいました!
「えらい事になってるよ!」「ケンケン(久保谷健一プロの愛称)大活躍だよ」って!

久保谷健一  大変な事になってましたよね!途中まで・・出だしのアウトの途中まで・・。

---いやいやいや〜、すごかったですよ!


「アゲンストの風を待っていた。そうしたら2日目の朝に吹いてきた。」


久保谷健一  実は、練習場の風がアゲンストの逆風だったんですよ!
僕、フォローの時の練習が上手くいかなくて、アゲンストの風が吹かないかな・・練習場ぐらいアゲンストで
打ちたいな・・なんて思ってたんですよ!
2日目の朝にアゲンストの風が吹いていて、アゲンストで打ってると球の捩れがわかるから、曲がるのが
わかるから。それだけ気をつけて練習してたら、そうしたらだんだん分かって来たんですよ!
少しわかってきたんですよ!だから2日目の朝はバーディー、バーディー、なんかのスタートで・・・。
4番ホールまでに2つ伸ばしてたでしょ?良かったじゃないですか?!
どっかでボギーとか打ってますけど、納得のいくボギーだったんで、2日目はすごく満足しています。
僕の中では調子悪いながらもなんとか一歩一歩ポイントを見つけてやり遂げられた日でしたね。
1個ロストがありましたが、あれはね・・曲がるべくして曲ったんで・・・。もう何も悔しくないし・・・。


「悔しいんだけど、このゴルフでよくやったという感じはある。」


久保谷健一 │ アマタスプリングGCにて 久保谷健一 │ 練習風景
アマタ スプリングスGCにて

---3日目はどんな感じだったんですか?

久保谷健一  3日目はやっぱり練習場の風がフォローに戻って、イメージわかないんですよ!
そうやって作ってきたものが・・。やっぱり1日寝ると人って元に戻ったり、変わったりするんで、もう1回
作り直したかったんですけど・・・うん・・・いかんせん・・ねっ?!
なんとなくでいいから、「そこそこのゴルフ」というものをやりたかったんですけど、やっぱりいつもの
日本の状態(に戻ってしまって)・・日本もこんな感じでやるにはやってるんですけど・・。
日本の方がまだ上手く行っちゃってるのかな・・・。
むこうだとやっぱり通用しないんですよ、こういうゴルフだと・・。でも悪いながら耐えたほうなんですけどね!
耐えた方なんですけど・・・ちょっと悔しい。せっかくあそこまで行ったら、もうちょっとなんかねぇ・・・。
日本でベスト10入っている時ぐらいの雰囲気で回りたかったですよね?!
だからそこだけがちょっと悔しいかなぁ・・。

---最終日はどうでした?

久保谷健一  最終日もアンダーパー出るような感じじゃないんで・・。
出来るだけ少ないオーバーパーで回って来ようという(気持ち)・・・。「悩んでもしょうがない。」
そう思ってプレーしてたら2オーバーぐらいで回って来れたんで、まぁ、あの調子ではあれが精一杯かな・・。
上がってみたら、だから、悔しいのは悔しいけど、まぁ「このゴルフでよくやった。」という感じでしたね。
上がった時はね。

第1回目の久保谷健一プロ独占インタビュー、いかがだったでしょうか。
試合中の心境の変化、調子の感じ方など、リアルに伝わってきますよね。
次回は、さらに突っ込んで、試合の中でポイントとなったプレーに関してお話を頂いています。お楽しみに!
vol.1 vol.2 vol.3 vol.4

Augurareでは、当サイトに対する皆様からのご意見、ご感想をお待ちしています。
今後のサイト運営・企画などの参考にさせて頂きます。

・こんな商品があったらいいな。
・こんなプレゼント企画をしてほしい。
・メルマガにこんなテーマを取り上げてほしい。

など、何でもお気軽にメッセージをお送り下さい。

メッセージはこちらから